2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

イラスト壁紙集

  • Nijiirosakura
    趣味で描いています。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

今日の甘味

Image253

今日の甘味は、笹団子っ(^-^)v

それも2個っ 

トトロが持っていたおみやげみたい。 

で、お茶と笹団子をごちそうしてくれたのは・・

恥ずかしがり屋さんなのか、カメラを向けたら
ひょっとこお面を被ってギターを構えてポーズっ

ひょうきんな生徒さんでしたρ(・_・;) エートォ...

Image254_2 

お寒うございます

Kanon1

イラストは、キリ番ゲットされた、きんちゃんさんのリクエストで描いたカノンのイメージイラストです(;^_^A

昨晩は寒かったですねぇ。久しぶりに長袖シャツを着て寝ました。涼しくなってギターの練習もしやすくなりましたね。

いま練習している曲に、武満さんの「森のなかで」という曲があります。もちろんイメージではあるのですが、森の空気を感じる瞬間があって、あらためて音って凄いな と感じています。

高岡さんのコンサート

011d7476c52ea59406814ba5b7b257c5

以前にも告知しましたが、あさってなので、あらためて(^-^)v

まだ少しだけ席に余裕があるようです。迷ってらっしゃる方はぜひ予約の上お越し下さい。高岡節に酔いしれて下さいませ。奥様による朗読も素敵ですよー

 
高岡誠ロマンティックギター・リサイタルVol.20
     ギター独奏と朗読による、

「アルゼンチン・タンゴ & ロシア民謡の世界」

■とき 2008年10月1日(水)18:30開場 19:00開演
■ところ 巌本真理メモリアルホール
  名古屋市中区錦3-19-17, 大黒屋本店ビル3F
  (ワシントンホテルプラザ向かい側)
   TEL:052-971-2873

■入場料:一般前売2,500円(当日3,000円)
             学生前売2,000円(当日2,500円)
※座席数に限りがあります(60席)ので、ご予約をお願いします。
■お問い合わせ・ご予約 : TEL 052-262-1886(高岡)
     Eメール takaoka-makoto@nifty.com
■プログラム
(アルゼンチンタンゴ)

  カミニート/わが両親の家/スール(南)/想いの届く日/インデペンデンシア(独立)/アディオス・ムチャーチョス/エル・チョクロ/  アディオス・ノニーノ/ラ・クンパルシータ

(ロシア民謡)

  赤いサラファン/黒い瞳/ともしび/ふたつのギター/カチューシャ/ボルガの舟歌/古い菩提樹/バイカル湖のほとり/トロイカ変奏曲

カウンター

Syuku

この「ゆったり庵へようこそ」ブログのカウンター、今朝、1万超えましたねぇ。あらまっ! て感じです(^◇^;) 1万キリ番ゲットされた方には、お好きなテーマでイラスト描こうかなぁ と思って、今日か明日あたり告知しようと思っていたのですが、いやぁ、残念ですねぇ(ちょっとホッ(;^_^A。。)

本来、三日坊主の性格なのですが、2ヶ月休まず更新できたのも、みなさまのお陰でございます。今後とも宜しくお願いいたします。

アンサンブル

Lime_2

以前から、教室でアンサンブルが出来たらいいな との要望がありましたので、じゃあ ってことで、4名を募ってアンサンブルを組み、今日、はじめての合わせ練習をしました。曲は、パッフェルベルのカノン。ひとり都合で来られなかったので、わたしが伴奏を担当。何回か合わせをしているうちに、少しずつ縦の線が合ってくる。少しずつまわりの音を聴く余裕が出てきてバランスを取れるようになるまで、もう少し合わせ練習の時間が必要でしょうが、デビュー目指して頑張りましょうっ

めっきり

Hukei2

 涼しくなりました。朝6時くらいに、Tシャツ姿で外に出てみたら、寒いくらいのひんやりした空気。秋ですねぇ・・

って、午前の3時頃、いったん起きてしまい、居間のテーブルの前にあぐらかいて座ったら、そのまま寝ちゃったらしく(_ _)Zzz  当然、横にぐらっと倒れ、壁際のギターケースに頭を突っ込んでしまい、夜中に大音量っ・・軽量ケースの方だったからあまり痛くなかったけど(;^_^A

・・・・・・

「タワーリング・インフェルノ」「明日に向かって撃て」「スティング」あたり、追悼番組として映画を放送してくれないかな と思ってネットでテレビの番組表みたら、「柳生一族の陰謀」ですかぁ。どれも傑作なのに。そうえいば、今年、ヴァレンタインコンサートで「雨にぬれても」を演奏しましたっけ。   

19世紀ギター

1000096_img

昨日、入荷したばかりのラコートの試奏をしました。

わたしにとって、19世紀ギターは、できるだけ繊細なタッチで弾くと、優しく膨らんで反応して響いて、自分にそっと語りかけてくれる そんなイメージです。柔らかなタッチで上手く弦を振動させた時の音色はたまりませんっ 長いこと弾いているメルツの「愛の歌」という曲で試し弾きしてみたのですが、モダンギターで弾いている時とは、やはりまったく違う印象。そっと包み込んでくれるような音色の変化を楽しませて頂きました。

ただ・・・

フレット間が狭くて太い指が入りにくいっ(>_< )ヾ(^^ )

夢の中

   1000027_img

夢の中で音楽を聴く という体験は、フツーによくある事なのかどうか解りませんが、憶えているのは・・

何年か前、夢の中に、尊敬している日本のトップギタリストのひとり、I.Mさんが出演されていて(;^_^A、いままで全く聴いたことのない曲を演奏していたんです。少し不思議系の旋律だったことを憶えています。残念なのは・・朝起きた直後から夢の記憶は薄れ始めたことと、思い出しながら速効で採譜する能力がなかったこと(;^_^A いやぁ、いい曲だったんですけどねぇ。惜しいことしました。

それと・・学生の頃、ある日、ぬくぬくお昼寝していた時のこと・・、突然、左耳のそばで、はっきり大きな音量で、男性合唱が聞こえてきた時はびっくりして昼寝から起きちゃいました(;^_^A たぶん2秒くらいの出来事だったのですが、あの時も採譜する能力があれば。。って、2秒じゃ曲にならないですけどね(^◇^;) 両方とも、憶えられるまでリピート演奏して欲しかった。

あと、演奏会の日が迫ってきている頃見た夢で、舞台で演奏しているのですが、自分が手にしているのは、なぜか14、5弦の多弦ギター(;^_^A 弾けない 弾き方がわからない どうしよう と思いながら汗だくになっている夢でした(;>_<;) 

ピエロ2

Piero2

左右反転させて無理矢理ギターを持たせてみました(;^_^A

ちょうど片足が浮いていて足台乗せられそうでしたし。

ピエロ

Piero

ピエロって、一度描いてみたかったんです(;^_^A

夕日

Yuhi4

夕日のイラスト描いてみました。

ストレス解消に描いています(;^_^A

でも、せっかく描くならと、好きな葉祥明さんの作風を思い出しながら、マウスを動かしています。もちろん、とても無理ですけど(^◇^;) 

葉祥明のホームページより  

ギターとダイエット

 1000003_img

カッチーニのアヴェマリアの編曲も一応終わりました。あとは、練習しながら微調整しなきゃ。

昨日の夜、珍しくなんかイライラするなぁ と思っていたら、どうもダイエットのせい。悩んだ末、えいっ とバイクに乗ってトコトコとコンビニへGO。寝る前4時間は食べちゃいけないんですけどねぇ(;^_^A 

蔵出しファイル:以前のHPで、遊びで作ったGIFアニメ1分劇場です。(※途中、一緒にHPを製作していた相方H氏の描いた絵が一枚紛れ込んでおります(;^_^A・・)  

ギターでダイエット

名古屋名物

Image254

お昼は、名古屋名物 鉄板ナポリタン。

卵が敷いてあるのが味をまろやかぁ にしていて、いい味出してます。

で、デザートに、クリームぜんざいを・・

Zennzai

ダイエット中だけど、

お昼、何食べてもいいって言ってたし(^-^)v

でも、やっぱり一日の総カロリーは考えないとねぇ。

Image196

おしるこの季節がやってまいりました。

おしるこには塩昆布がかかせませんっ

プログラム

Dscf0068

今夜は、某所でショートスケールの杉材のギターと松材のギター数本の弾き比べをしてきました。それぞれのギターの表現力の幅と音色の違いを楽しんできました。で、その後、クリスマスコンサートの打ち合わせで高岡先生宅へ。ギターで音出ししながら相談すること一時間半。で、プログラムがほぼ決定しました。

順不同で

デュオ 高岡誠&佐々木響士朗

アルベニス:やしの木陰
グラナドス :オリエンタル
カルリ    :セレナーデOp.96-1
カッチーニ :アヴェ・マリア
ヘンデル :オンブラ・マイ・フ
バッハ   :主よ人の望みの喜びを
カタロニア民謡:鳥の歌
グレンミラー:ムーンライトセレナーデ
クレンジャンス:ロマンス1番

Mel Torme Robert Wells:クリスマスソング
Thomas Conner :サンタが街にやってくる
F.Gruber          :きよしこの夜

高岡誠ソロ数曲

です。打ち合わせの後、スーパーに寄ったら、バナナコーナー、綺麗さっぱりなくなってた・・さ、練習しなきゃ(;^_^A

中トロ

Image_2

お腹まわりがすっかり中トロ状態なので、これから朝食はバナナと常温の水にするべ と、昨日、スーパーに買いに出かけたら、いつも山積みになっている安いバナナのコーナーは、すでに空っぽ・・仕方がないので、高いバナナを購入。バナナって、実は果実というより野菜の仲間らしい。ベランダで家庭菜園できると買いに行かなくてもいいのに(^◇^;) 

アクセス

Image250_2

昨日、いつもよりアクセス数が多いな と思っていたら、例のダイエットを書いたせいですね。検索している人が多かったということでしょう。

で、関連して思い出した歌がとんでったバナナ

知ってる人、少ないかも(;^_^A 

ついでに、なんの脈略もなく・・

カタロニア民謡「アメリア姫の遺言」はギターの定番曲のひとつですが、ギターを始めた頃、この曲を弾いたり聴いたりすると、どうしてもこのシーンがチラチラしてしまいます。

何年か前、某トイレ芳香剤のCMにタレガのラグリマが使用されていたときはずっこけました(・_・;) 

ピーカンの晴れ

8

名古屋は台風一過でピーカンの晴れ。

気持ちの良い、真っ青な空です。

昨日のダイエット番組は参考になりました。途中に紹介された、一ヶ月で7キロ痩せたというバナナでのダイエット方法に釘付け・・ものぐさなわたしでも、これなら出来るかも と、さっそく詳細をネット検索してみたら、公式サイト?がアクセス多数で繋がりませんっ状態・・世の中、同じように楽して痩せたい人、むちゃんこ多いみたいです(;^_^A 今日からバナナ、売り切れ続出かも。

さて、今日は、「CAFE DE ARIA ギターを楽しむ会」の日。生徒さんがふたりエントリーしてるので、聴きに行きたいのですが、仕事と重なってどうしても行けません(;>_<;) 自分の演奏が出来るようガンバですっ 

クリスマスコンサート

1010101_img

年末のクリスマスコンサート用にと思って、一昨日から、カッチーニのアヴェマリアの編曲に取り掛かっています。といっても、当日、弾くかどうかは五分五分なところ。実際に合わせ練習してみて、あれこれ相談してからの話(;^_^A

カラオケ

Lime

この間、久しぶりにカラオケボックスで歌いました(^-^)v

って、6年ぶりくらいの久しぶり。

今どきのカラオケは、タッチパネルで曲が検索できるんですねぇ。

以前は、分厚い電話帳くらいの本で調べたもんですが(^◇^;) 時間がかかるので、他の人が歌っていても聞いてなかったり。タッチパネルだとすぐ検索できる分、一緒に歌うことも出来ました。でも、最近の曲はほとんど知らないので、ジェネレーションギャップがっ(>_< )ヾ(^^ )ナカナイノ

以前、カラオケ用に頼まれて伴奏を録音した水色のワルツという歌謡曲。

  

脱力

Image250

台風が接近していますね。また大雨が降るのでしょうか・・

ところで、脱力がなかなかできない生徒さんへ。

楽器を弾く上で、脱力というのは避けて通れない課題です。ほとんどの人が、ギターを習い始めた頃、ガチガチに力が入っていたはずです。その状態から、いかに無駄な力を抜いて、楽に弾けるようになるか。指を壊さない為にも音楽を表現する為にも必要な技術のひとつです。少しずつ脱力ができるよう努力しましょう。もちろん、左手の押弦でも、右手の弾弦でも最小限の力は必要です。要は、左手が押弦するまでの移動する瞬間の脱力、右手が弾弦する前後の脱力 といったように、緊張と弛緩のオンオフがうまくスイッチができるかにかかっています。脱力しようと無理に意気込むとかえって力んでしまいますのでご注意を(^◇^;) 

記憶が曖昧なのですが・・日本のあるトップギタリストのマスタークラスを聴講していましたら、お風呂の湯船に浸かってる時、力を抜いて両腕を浮かす練習をするそうです。実際にやってみるとわかりますが、力が入っているとなかなか浮きません。この状態を憶えておいて、脱力の練習に生かす・・といった話だったと思います。脱力で悩んでいる生徒さん、ぜひお試し下さいね。

季節の変わり目

 7

季節の変わり目は、体調がちょっと追いつかない時がありますねぇ。今日は、少し頭痛が。首と肩がカチンカチンです。早めに寝ないと。

敬老の日

Bousi_2

今日も映画のお話。 黒澤明監督の「生きる」という名作があります。ご覧になった方も多いと思います。役所に勤めて30年・・無欠勤で息子の為に働いてきた市民課長は、生きながら実は死んだような生活を送ってきたが、自分が胃ガンと宣告されてから必死に生きようと、たらい回しににされていたある陳情を実現するべく奔走する・・ 名優、志村喬の、歌を口ずさみながらブランコに揺られるシーンが有名ですよね。ホント良い映画でした。 生きる

今年の映画ですが、同じく、生きる というテーマで感動させてもらったのがガチ☆ボーイ という佐藤隆太主演の青春映画。交通事故にあい、一日しか記憶が残らない・・翌日、朝目覚めると前日の記憶がない という実際にある脳の機能障害を持ってしまった大学生の五十嵐が、憧れだった学生プロレスに入門し、仲間と共に生きている実感を取り戻していくお話。 最初、評判のいい映画らしいけど、学生プロレスの話だもんなぁ と、それほど期待していなかったのですが、完全にノックアウトされてしまいました(^◇^;)  終盤、ナミダが止まらず、声まで出そうになる自分を必死でこらえていたのでした。もう、劇場中、鼻をすする音と嗚咽が響いていました(;^_^A  17日にはレンタルされるらしいので、涙腺の掃除をしたい方はぜひぜひご覧下さい。お勧め度5つです。

ガチ☆ボーイ

お月見

Image

日本では、ウサギが餅をついていますが、国によってはずいぶん見方が違うようですね。

月の模様の色んな見え方

 

ヒトリゴト

Photo

中学生の頃はラジオを良く聴いていました。深夜ラジオ全盛期の頃でした。フォークソングやポップスばかり聴いていましたが、音楽が聞こえてこない場所を探す方がたいへんな現代と違って、音楽を・・なんていうのか・・手軽で無かった分、大事に聴いていたような感じがします。

それはいいとして、

確か、月曜日から金曜日まで夜10時か11時頃、AMラジオの「日立 ミュージックイン ハイフォニック 」という番組が大好きでよく聴いていました。カーペンターズやスリーディグリーズ、アニマルズなど、当時はまだまだ遠かった外人さんの音楽がほとんどだったはずです。で、深夜、ラジオのCMによく流れていたのが、「モーリス持てばスーパースターも夢じゃない」というモーリスギターの宣伝。「そ、そうか、モーリスさえ持てばいいのかっ」 と速効でギターを買いに走るほどギリギリ単純ではなかったはずですが、このCMは強烈過ぎて、ギターを持つことへの憧れは確かに芽生えたなぁ と(;^_^A 当時、漫画雑誌の裏表紙などに、モテない男が、ギターを習うことでキャンプなどで女の子にモテるようになった といった広告がよう載ってましたしねぇ。この手の広告はその後も後を絶ちませんが、ギター弾くだけでモテるなら苦労はしないです・・(以下自粛)  

日本映画

Image249

クーラー切ったら夜中なのに室温30度・・暑くて寝られません(;>_<;)

で、写真とは無関係ですが・・ぺキッ!!☆/(x_x)

どこだったか、ある映画サイトで、世界に誇れる日本映画の代表作として、小津安二郎「東京物語」、溝口健二「雨月物語」、黒澤明「七人の侍」の三本を取りあげていました。実際、この三本、どれを観ても面白い。お勧め度☆5つばかりです(^-^)v

黒澤映画 東京物語 雨月物語 

(クリックするとYOU TUBE で予告編を観ることができます。)

黒澤映画では、「生きる」「赤ひげ」「七人の侍」他、何本も代表作がありますが、何回も観たのはやはり七人の侍。何度観ても面白い。明解なキャラクター設定と、わかりやすいストーリー。名場面、名台詞の宝庫(^◇^;) これぞ映画といった名作中の名作ですよね。

同じくらい好きな映画が「赤ひげ」。少し前に放映していた黒澤映画の特集番組で、この映画のセットの薬棚に、実際に薬が入っていないことを知った監督が怒ったというエピソードを紹介していました。実際には、薬棚を映しても、木製の引き出しなので、中身の薬自体は映らない。でも、薬を入れることでリアリティーを追求する という姿勢らしい。こういう話は好きですね(^-^)v 映らなくても作りこむ という姿勢、いいですねー。こういったことの積み重ねが、役者さん他スタッフにも緊張感が伝わって、リアリティーある空気感が映像としてなんらかの形で現れるのかもしれませんね。

逆に、黒澤映画で好みに合わなかったのが、「どですかでん」。鈴木大介さんのCDのタイトルにもなっているこの映画、楽しみにしていたのですが、この世界観はちょっと趣味が合いません。黒澤監督が楽しんで撮っていたというこの映画、好きになる日は来るのか・・(;^_^A 

セーハ

Hune

初心者の生徒さん向けの話です。

16歳の時、フォークギターを自力で学習しようと何冊かのギター雑誌を買って読んでいたところ、ギターを弾く上で最初の関門は セーハのある「F」のコードだ ということがどの本にも書いてありました。ご丁寧なことに、このFのコードが押さえられずに挫折する人は多い と注意書きまで(^◇^;) ですから、ギターを諦めたくなくて、当時、セーハは必死で練習しました。(余談ですが・・当時のそれらの本に書かれていたセーハのコツの記述は、いま考えるとちょっとハテナマークが頭の上に浮かんでくるような内容でした・・)

セーハの練習は、最初、個人差があって、頑丈な力自慢の男の人がなかなか出来ずにいたり、か弱い?女性の方があっさりできたり、中には、最初っから出来る人までいらっしゃいます(;^_^A 実際には、短気にならずに、じっくり諦めずに何度も練習を重ねれば、ある日、あっさり出来るはずなんですけどね。ただし、コツがあるのも確かで、コツを守って頂いた上で、練習して頂ければ です。

中には、セーハしている人差し指と親指で、工具の「万力」のようにギリギリと力まかせにセーハしている人がいますが、これでは、人気曲のアストゥリアスやカヴァティーナなど、セーハの多い曲を最後まで弾き切るのは無理ですよね。小学生の小さな女の子でも簡単にセーハが出来るのですから、「万力」の力ではないんです(^◇^;) 腕の重みや引きつける方向、セーハのフレットに対しての角度や位置、手首とセーハしている人差し指の角度や位置取り、指の逆反りの仕方等々、いろいろコツがあります。セーハで手を壊してしまっては何にもなりません。セーハはふわっと押さえて楽にギターが弾けるようにしましょう。コツを掴んで頂く為に、よく使う例え話は、滑り台の話や鉄棒の逆上がりの話やホッチキスのの話などしますが・・聞いたことのある生徒さんは多いですよね?話し下手なので(^◇^;) 例え話で理解して頂く場合が多いですm(_ _)m コツがわからなくなってしまった生徒さんは、気軽に聞いて下さいね。では、練習頑張って下さい。

葛ベリー

Image246_3

甘味の写真、追加。

葛ベリーです。 ホンモノの葛で美味しゅうございました.。

日々是甘味

Image246

昨日の甘味は、生徒さんちで頂いた 夏みかんようかん でした。美味しゅうございましたm(_ _)m

Image239

こちらはいつも行くスーパーで。

お赤飯が、まぜるだけで簡単に作れるとのこと。

ごま塩もちゃんと付いてます。

さっそくご飯にまぜてみました。

食べてみて・・・ ふぅ~ん

パッケージを見たら、赤飯風味・・風味ですものね。

たしかにそれなりの赤飯風味でございましたm(_ _)m

目の錯覚

2年前の某科学雑誌のパクリなのですが、そのまま掲載はなんなので、あらためて描いてみました。

Sakkaku3

ネオン色拡散という錯覚だそうです。交点に色を塗っただけで、その周辺がひし形か円形に光ってみえませんか?

Sakkaku2

真ん中のオレンジ色、まったく同じ色なんですけど、左が薄く見えるませんか?

Sakkaku

画面チラチラするかもしれませんが(;^_^A

真ん中の灰色、どう見ても右が濃く見えますよね? 画面近くで見るとわかりますが、同じ濃さの灰色なんです。

不思議ですよねー 

おすすめ甘味

Image241

上の写真は、おとといの茶店のメニューのひとつ。マンゴーの入ったジェラードだったかな・・薔薇の花びらの形に盛りつけされていました(^◇^;) 

で、やきいもパフェと同じくらい 美味っ と感動させてもらったのが、名古屋で有名な天使のババロア。最近は全然お店に行っていませんが、はじめて一口食べた時は・・ホント感動(;>_<;) 口溶けがたまらなくって、食べるのが惜しいくらいでした。ババロアって名前がついていますが、なめらかで柔らか。プリンのようでプリンでないはじめての食感。一度、どんぶりサイズでおもいっきし食べてみたい・・お勧め度☆5つですm(_ _)m ※写真は→ミセスハート

紫色

Image_2 

 きわめて個人的な話ですが、ブログだからいいですよね。(*゚ー゚*)

先日、わたしはあんたとちゃう の辞任会見がありましたが、ひとそれぞれ、価値観のものさしが違うって意味では確かにそうだろな と、考えていたら、ふと、封印していた思い出の蓋がちらっと開いてしまいましたので、この際、虫干ししようかと(;^_^A

幼稚園のころ、折り紙を渡されて、好きな色の組み合わせでいいから、一枚の折り紙に切り込みを入れて、もう一枚を短冊状に切って、切れ目に互い違いに編んで格子模様を作りましょう という遊びがあって、自分は上の絵のように紫色と金色の組み合わせで作りました。きっと、紫色が好きだったんでしょうね。

で、小学校にあがって、図工の授業で絵を描いていた時、当たり前のように紫色を使っていたら、わたしの絵を覗いた絵の先生が、みんなに向かって、「紫は病気の色だからね!使っちゃダメだよ・・」と言い放ったんです。その後の言葉には放送禁止用語も入っていたような記憶が・・いや、素直な良い子だったもので ペキッ!!☆/(x_x) ショックでしたねぇ(^◇^;)  トラウマになったのか、それからしばらく、紫色が使えなってしまいました。その先生にとっての紫色に対するものさしはそうだったんでしょうけど、センセとわたしのものさしは違うんですよー(大声) わ、わたしの青春を返せ~(爆) ・・

以上、虫干しでしたm(_ _)m

今日の甘味

Image244

とある喫茶店のやきいもパフェです。

これがひさびさヒットの美味でございました(;>_<;)

なんと、パフェなのに、暖かいやきいもペーストが、冷たい紫芋アイスクリームと隣同士に並んでコラボしているのです。奥にパイナップル、手前にクルミ。生クリーム大好き人間なので、もう少し量が欲しいところですが、とっても癖になる美味しいパフェです。甘味好きとしては、パフェランキングなら、ダントツで小倉パフェが一位でしたが、このパフェは同じくらい美味しい・・超えたかも。

舌に残るやきいもの余韻を楽しみながら前方を見ると・・

Image248

「だんご」の文字が・・商売上手です。

Image249

しょうがありませんっ

パフェの〆にみたらし団子と、ほうじ茶を注文。

たいへん美味しゅうございましたm(_ _)m ごちそうさまでした。

青空文庫

Hana2_3

http://www.aozora.gr.jp/index.html

以前の仕事では、パソコンの前に座ってることが多かったのですが、暇になることが度々あって、そんな時は、まわりの目を盗んでは、よくネットの青空文庫の小説を読んでいました。ここに掲載されている本は著作権が切れている作家ばかりで、読むのは無料。目の悪い自分にとっては、とっても有り難い文字の拡大機能付き。昔っから目が悪くって・・いや、もとい、目も悪くって(;^_^A・・ともかく、いまのこの目では、文庫本の小さな字を読むのは、がんばっても1ページが限度(;^_^A 目がしょぼしょぼ疲れてしまって即アウト。楽譜もちょっとつらい時が・・ その点、パソコンだと、文字が好きなだけ拡大出来る、目が疲れず読めるというのは本当に有り難い機能でした。おかげで好きな太宰治の小説、何冊もたっぷり読ませて頂きました(^-^)v  

ギターとの出会い

Pokapokas_3

 祖父は、着物の刺繍や、背広のネーム入れの仕事をしていました。古い足踏みミシンを踏みながら、下書きもなく生地に糸で名前を筆で書くように素早く縫い込んでいく姿は、子供心にも、なんて器用な人なんだろう と感心して見ていました。器用といえば、自宅の襖に自分で松林を描いたりしていたくらいですから、絵も相当上手だったのだと思います。いつだったか、祖父が描いた竜の絵の色紙があって、おもわず見とれてしまったのをよく覚えています。その竜の絵がまた迫力があって、下手ながらよく真似して描いていました。辰年の年賀状には、全員に竜の絵を描いて出した記憶があります(;^_^A 

で、わたしのギターとの出会いは、その祖父が買ってくれたおもちゃのギターが始まりでした。5歳くらいの時、デパートでおもちゃのギターを買ってもらい、たまたまテレビに映っていた沢田研二のタイガースの歌に合わせて掻き鳴らしていた記憶が残っています。いま考えるとウクレレのおもちゃだったのかも。真っ赤なブリキ製で、面白いのは、1弦の糸巻きから出た弦が、駒でUターンしてそのまま2弦の糸巻きに戻る・・といった、調弦のし甲斐のない(;^_^Aおもちゃでした。

そして、小学4年生くらいの夏休みの工作の宿題でギターを作ったときも、手伝ってくれたのが祖父。なぜギターを題材に選んだのか覚えがないのですが、金属製のお菓子の箱の蓋に穴を空けてサウンドホールにして、適当な長い木材をネックにしてくくりつけ、三角柱の細い木材を切ってボンドでくっつけてフレットにし、一緒に近くの楽器店に出かけて、フォークギター弦を買ってきて、打ち付けた釘に弦を6本張って・・・見事に弾けないギターが完成(^◇^;)  でも、なぜか、しばらく学校に展示されていましたっけ。でも、その後、受け取ることなく卒業。。。もらっておけばよかったかも(;>_<;)

一コマ童話2

Kero210796889272501901

秋が通りすぎ、ある寒い朝・・

ケロ助「ねぇ、おじちゃん・・この白いふわふわしたのなあに?」

パンダ「雪っていうんだよ。見るのはじめてだったね。」

ケロ助に、最初の冬眠の季節がやってきました。

・・ちなみに、パンダは冬眠しません。

ギター川柳

Photo

森のギター合奏団です(;^_^A

今日は、誰でも身に覚えのある事を川柳に・・

  暗譜した つもり貯金の レパートリー

    初見弾き 臨時記号を 引きずる脳

      いざ弾かん 音符蹴飛ばし すっ飛ばし

ポニョ

 Kujira2s

昨晩、2回目のポニョを観賞。

ネタバレしたくないのでストーリーは書きませんが、いやぁ、ホントいい映画ですねぇ。帰り道、心の中はもうスキップ状態でした(^◇^;) このような心躍るような映画、なかなか出会えるものではありません。ポニョ、最高です。人魚姫というか人面魚のポニョと、ポニョを助けた5歳児の宗介の、本人たちの知らぬ間に地球の存亡を背負ってしまった、小さな恋の物語。 宮崎監督いわく、ポニョかわいいね 宗介えらいね という映画(;^_^A

小さな恋 といえば、昔、「小さな恋のメロディ」というイギリス映画が日本で大ヒットしましたね。ビージーズの音楽も良かった。当時、映画の月刊誌には、毎月のようにヒロイン役のトレーシーハイドの写真が載っていましたっけ。この映画、わたしも好きで何回も観ています。ラストシーンのトロッコ、何処へ行ったのでしょうね・・ちなみに、17歳の時はじめてパーマをあてに美容室に行った時、主役のマークレスターのようなクリクリヘアにして と注文した記憶があります(ハズかしい)・・1時間後、似て非なる姿が鏡に映っておりました(>_< )ヾ(^^ )ナカナイノ

 

紅葉

Momiji2

昨日は、ココログの定期メンテと機能のバージョンアップがありまして、午後3時に終わるはずがトラブったらしく、夜10時まで、一部ユーザー・・ここも・・トップページがIE6/7のプラウザではエラーで表示できませんでした。って、トラブってた現場って、きっとすさまじかったんでしょうねー アセっただろうなぁ・・(;^_^A

さて、一ヶ月ぶりに映画館に出かけてきました。

いま、盛んに宣伝している「20世紀少年」。原作はいまはやりの漫画。漫画を原作にすると、ちゃんと絵が元々あるしストーリーもあるし、ヒット作ならかなりのファンの動員が期待できる というメリットがたくさん。同漫画家の『YAWARA!』『MONSTER』は最後まで読んだことがあるのですが、この20世紀少年の漫画の方は数ページしか読んだことがないので、ほぼ、まっさらな状態で観ました。この映画、3部作の予定。3部までひっぱる大事な第1部。内容はネタバレになるので書きませんが・・・こういった映画を観るには年を取りすぎたのかなぁ(;^_^A 子どもの頃に観たら興奮したかもしれませんが、いまの自分には、なんか、昔、興奮してみていたゴジラやガメラを観ている感覚に近いものが。実写なんだけど、観ていると、漫画そのものを観ている感じなんですよねー アトムや鉄人28号の実写版を観ているような。 面白くなかったわけではないんですけどね(;^_^A 実写じゃなくアニメにした方がよかったんじゃないかしら というのが感想でした。 

秋桜

Cms_2

タイトルと無関係ですが、最近のマイブームは豆乳。ほとんど毎日、豆乳1パック(900ml)を買ってきてガブガブ飲んでいます。もともと、大豆製品は大好きなんです。冷蔵庫には、大抵、納豆と油揚げが入っていますし。豆乳を飲みだしてから、なぜか、少しばかり痩せてきました(^-^)v ダイエット効果もあるのかも。

それにしても・・昨日は驚きましたね。首相の突然の辞任表明のニュース。いや、急な辞任も、もちろん驚きましたが、会見がたった30分(実質17分ちょっと)だったことも驚いたというか・・国の首相が辞めるという一大事に、たった30分の会見というのは短すぎるのではないかと。

高岡誠さんのコンサート

011d7476c52ea59406814ba5b7b257c5
 

コンサートのご案内をさせていただきます。コンサートでよくデュオを組ませて頂いている高岡誠さんのコンサートです。

 
高岡誠ロマンティックギター・リサイタルVol.20
     ギター独奏と朗読による、

「アルゼンチン・タンゴ & ロシア民謡の世界」

■とき 2008年10月1日(水)18:30開場 19:00開演
■ところ 巌本真理メモリアルホール

     名古屋市中区錦3-19-17, 大黒屋本店ビル3F

      (ワシントンホテルプラザ向かい側)

       TEL:052-971-2873

■入場料:一般前売2,500円(当日3,000円)
            学生前売2,000円(当日2,500円)
※座席数に限りがあります(60席)ので、ご予約をお願いします。
■お問い合わせ・ご予約 : TEL 052-262-1886(高岡)
                                   Eメール takaoka-makoto@nifty.com
■プログラム
(アルゼンチンタンゴ)

  カミニート/わが両親の家/スール(南)/想いの届く日/インデペンデンシア(独立)/アディオス・ムチャーチョス/エル・チョクロ/  アディオス・ノニーノ/ラ・クンパルシータ

(ロシア民謡)

  赤いサラファン/黒い瞳/ともしび/ふたつのギター/カチューシャ/ボルガの舟歌/古い菩提樹/バイカル湖のほとり/トロイカ変奏曲

高岡さん談 「今回、特にロシア民謡ではギターソロ用の楽譜が少なく、譜面の作成に四苦八苦していますが、ようやく形になってきました。 また、ロシアのギタリスト、セルゲイ・ルドネフの作品( 古い菩提樹/バイカル湖のほとり )はなかなかいいです。」とのことです。

高岡先生の演奏は、わたしも好きです。楽しみにしています。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »