2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

イラスト壁紙集

  • Nijiirosakura
    趣味で描いています。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今日の甘味 | トップページ | おすすめ甘味 »

紫色

Image_2 

 きわめて個人的な話ですが、ブログだからいいですよね。(*゚ー゚*)

先日、わたしはあんたとちゃう の辞任会見がありましたが、ひとそれぞれ、価値観のものさしが違うって意味では確かにそうだろな と、考えていたら、ふと、封印していた思い出の蓋がちらっと開いてしまいましたので、この際、虫干ししようかと(;^_^A

幼稚園のころ、折り紙を渡されて、好きな色の組み合わせでいいから、一枚の折り紙に切り込みを入れて、もう一枚を短冊状に切って、切れ目に互い違いに編んで格子模様を作りましょう という遊びがあって、自分は上の絵のように紫色と金色の組み合わせで作りました。きっと、紫色が好きだったんでしょうね。

で、小学校にあがって、図工の授業で絵を描いていた時、当たり前のように紫色を使っていたら、わたしの絵を覗いた絵の先生が、みんなに向かって、「紫は病気の色だからね!使っちゃダメだよ・・」と言い放ったんです。その後の言葉には放送禁止用語も入っていたような記憶が・・いや、素直な良い子だったもので ペキッ!!☆/(x_x) ショックでしたねぇ(^◇^;)  トラウマになったのか、それからしばらく、紫色が使えなってしまいました。その先生にとっての紫色に対するものさしはそうだったんでしょうけど、センセとわたしのものさしは違うんですよー(大声) わ、わたしの青春を返せ~(爆) ・・

以上、虫干しでしたm(_ _)m

« 今日の甘味 | トップページ | おすすめ甘味 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お気の毒な思い出ですね(悲)確かにカラーセラピーの本なんかには、紫色を選択する場合、心の状態としてはあまり良くないと書いてありますが、病気の色って表現は、紫色や紫を選んだ人にあまりに失礼かと(^^;心の内に秘めたものが選択する色に現れることはあるかと思いますが、子供って純粋に「好き」って感覚で色を選ぶものです。「ここで黒を選ぶかい(^^;;」ってところ黒を選んで作品が真っ黒になる子もいます(笑)

クマちゃんさん、どもどもです。人間、色彩の影響を受けるというのは確かにある思うのですが、物事って両面あると思うんですよね。まぁ、実際は、そのセンセの話を鵜呑みというかモロ影響を受けた小1の自分がもう少ししっかりしていればよかったのですけどね(^◇^;) 

現役時代パンフを作って戴いたデザイナー会社neueのSさん。
「色に善し悪しは無い!。好きな色が良い色かな。」
って仰って居たのが懐かしいっす。

 よっちゃんん、どもどもです。いや、きっと、デザイナーさんなど色を扱う専門職の方だと、戦略的なノウハウってたくさん持ってるんでしょうね。一度、機会があったら聞いてみたいです(^◇^;) 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紫色:

« 今日の甘味 | トップページ | おすすめ甘味 »