2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イラスト壁紙集

  • Nijiirosakura
    趣味で描いています。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« お月見 | トップページ | 季節の変わり目 »

敬老の日

Bousi_2

今日も映画のお話。 黒澤明監督の「生きる」という名作があります。ご覧になった方も多いと思います。役所に勤めて30年・・無欠勤で息子の為に働いてきた市民課長は、生きながら実は死んだような生活を送ってきたが、自分が胃ガンと宣告されてから必死に生きようと、たらい回しににされていたある陳情を実現するべく奔走する・・ 名優、志村喬の、歌を口ずさみながらブランコに揺られるシーンが有名ですよね。ホント良い映画でした。 生きる

今年の映画ですが、同じく、生きる というテーマで感動させてもらったのがガチ☆ボーイ という佐藤隆太主演の青春映画。交通事故にあい、一日しか記憶が残らない・・翌日、朝目覚めると前日の記憶がない という実際にある脳の機能障害を持ってしまった大学生の五十嵐が、憧れだった学生プロレスに入門し、仲間と共に生きている実感を取り戻していくお話。 最初、評判のいい映画らしいけど、学生プロレスの話だもんなぁ と、それほど期待していなかったのですが、完全にノックアウトされてしまいました(^◇^;)  終盤、ナミダが止まらず、声まで出そうになる自分を必死でこらえていたのでした。もう、劇場中、鼻をすする音と嗚咽が響いていました(;^_^A  17日にはレンタルされるらしいので、涙腺の掃除をしたい方はぜひぜひご覧下さい。お勧め度5つです。

ガチ☆ボーイ

« お月見 | トップページ | 季節の変わり目 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「生きる」これもなんべん見ましたかねぇ。
「七人の侍」より少し前だったと思いますが、志村喬のあの味は中学生になり立ての私には凄い感動でした。

でも自分が主人公の歳になるなんて当時は想像だにしませんでした、、、ああ。

響士朗さま、「敬老の日」を取り上げて下さって重ねてありがとうございます。シミジミ。

よっちゃんさん、どもどもです。そうですかー 公開当時、すでに中学生でしたか(^-^)v
敬老の日 ってことで、イラストの帽子が浮かんで、生きるの主人公を思い出しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敬老の日:

« お月見 | トップページ | 季節の変わり目 »