2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

イラスト壁紙集

  • Nijiirosakura
    趣味で描いています。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« コンサートのお知らせ | トップページ | 虫干し »

惑星

Img_0432

http://www.neowing.co.jp/detailview.html?KEY=BVCC-37408

「惑星」、レンタルで借りて来て、久しぶりに聴いてみました(^◇^;) 
いやぁ 懐かしかったです。製作メモを読むと、1976年に製作したアルバムだとか。当時は、いまと違って、サンプリングマシーンとかMIDIとかデジタルシンセサイザーとか皆無で、大変な苦労をして音を一から作っていた過程が書かれている。いま聴いてもセンスの良い音造りで聴いていて楽しいですねー

上のアドレスで試聴出来ますので、興味のある方は聴いてみて下さい。

« コンサートのお知らせ | トップページ | 虫干し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あの頃のシンセサイザーは単音しか出なかったので大変な苦労だったでしょうね、、たしかレコードを買ったと思います、、、もうありませんが、、。
FM局で何回も放送していたように思います。

ケンタローさん、どもどもです。ケンタローさんもレコード買ってたんですねー 当時はAMラジオでも話題になっていて、ある番組で何週かにわたって個々に録音したものを、4台くらいのラジカセを持ち寄ってそれぞれ同時に再生ボタンを押すと、立体的に聞こえる って実験もやっていて、実際に友人と試してみたのですが。。。失敗に終わりましたっけ。

前に戻ってすみません、、

当時4チャンネルなどというものが流行っていてソニーに勤める友人に4chデコーダーなるものをもらって疑似4chを楽しんでいました。それなりの臨場感はありました。電子音楽は特に効果がありました。

ケンタローさん、どもどもです。わたしも立体的な音に興味があって、高校生の時、ビクターから出ていたマイク付きヘッドホンを買いました。ヘッドホンなんですが、ヘッドホンの耳当ての部分に、耳型の切り込みがあって、その中にマイクが仕込んであって、そのまま録音したものをヘッドホンで聞くと、そのまま臨場感のある音が体感できるというものでした。コレ、結構、おもしろかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惑星:

« コンサートのお知らせ | トップページ | 虫干し »