2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

イラスト壁紙集

  • Nijiirosakura
    趣味で描いています。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

記録がてら

記録がてら。。以前、イラストを提供したプロのミュージシャンさんのユーチューブ。

デュオコンサート

Img_0373_2


Img_0375_2

百花百草のチューリップフェアのギターデュオコンサート、無事終了しました。

今回は、1:30と3:00からの二回のミニコンサート。自分たちの主催じゃないし、平日のお昼過ぎだし、おまけに朝からの雨模様で、お客さん来るのかしら(^_^.)。。と半ば本気で思っていたら、そのうちに生徒さんたちが数人ご来場。。集まっても十数人かなー と思っていたのですが、どういうわけか(^_^.) 1:30からの部は、ほぼ満席に。ありがたいことです。お客様、熱心に聴いていただき感謝です。ご来場のみなさま、ありがとうございました。気持ちよくデュオ演奏させていただきました。

・・って、逆に3:00からの部は十数人でございました(^_^.) 後半の方が音の抜けがようございました~

Img_0382

今日は百花百草で

http://higashinet.net/blog/hyakkahyakuso/

今日は、あいにくの雨模様ですが、1時半からと 3時から ギターデュオします。出入りは自由。館内に入る500円のみで聴くことができます。

大発表会

昨日はミューズの大発表会の日でした。

スタッフの手伝い兼 子供の生徒さんの伴奏 兼 合奏の指揮 のため、朝、9時15分入り。。結構、早い(p_-) 夜7時くらいまでの一日仕事。 

生徒さんのリハ、舞台の椅子や足台の設定などスタッフさんを手伝っているうちに、あっつーまにお昼過ぎ。。いよいよ本番。

今回、合奏を除けば7組くらい生徒さんが出演。(出演辞退される生徒さん多いんですよね・・気持ちわからないわけでもないのですがちょっと残念)

5歳の子や、弟のチェロに合わせてのギター伴奏する生徒さん。姉妹デュオの生徒さん。歌とギター伴奏。村冶昇さん考案の オケ版ハバネラのCD伴奏で演奏する生徒さんなどなど、結構バラエティにとんでいたかと(^_^.) 合奏の方も、リハよりうまくまとまってヨカッタヨカッタ。

みなさん、日ごろの練習の成果が出ていてホッ・・・(^○^)心臓のつおい生徒さん、結構多い印象・・・見習いたいものです(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

って、毎度のことながら、生徒さんの生演奏を舞台袖で聴いていると、やっぱり内心ドキドキものでございます(^_^.)

惜しむらくは。。お客さんの少なさでしょうか。。

ともかく、今年も無事終了。。体力消耗状態で打ち上げ会場へ・・

お酒飲めないのですが、自分の生徒さんや他の生徒さんの交流の場としてはやっぱりいいものです。

エドベッシュ

 懐かしい、、江戸別種、。、、じゃない(^_^.) エドベッシュ の演奏。

以前、生で聴いた時、和音の出し方、バランスの良さにびっくりした記憶があります。

映画ピアノマニア

今日は月初めなので映画の日。1000円デー

名演小劇場で、「ピアノマニア」を観てきました。調律師を中心に、名ピアニストの音に対する厳しい注文との格闘のドキュメンタリー映画。

いや、すごく面白く勉強になる映画でございました。

昨日は、スピルバーグの大作「戦火の馬」を見てきましたが、わたしには、こっちのピアノマニアの方が感動的(^_^;)

調律師がピアニストの要求。。。曲によって変わる細かい注文に答えて、微妙な調整をする。一見、調律師の苦悩に満ちた調整するシーンも、本人にとっては研究なのだとか。。

ピアニストと調律師の共通点は。いい音の追及。。物凄いこだわり。

乱暴な解釈をすれば、ギター弾きの爪は、ピアノのハンマー。このハンマーの微調整が命。そして極限までの調律のウデ。

いくらピアノやピアニストが良くても、調律師がよくないといい音は生まれないのよ と言ってるような映画(^_^;) 

ギター弾きさんの中には、あまりこのハンマーにあたる爪の研究にこだわらない人もいますが、わたしはこの映画を見ていてやっぱりこだわるべきだな と共感。。

自分の話で恐縮ですけど。。。以前何回か爪講座を開いたとき、浜松や大阪からも講座を聞きにこられたお客さんがいたのも納得です。いい音、、楽器やってる以上、。やっぱり欲しいはずなんですよね。いくら高い楽器を買ったところで、ハンマーが駄目ならいい音は望めないわけで。

ただ。。いい音に対する好みってのは個人差があるので、調律師さん、大変そう(^_^;)

って、この映画館、小さなこともあって、観客は10人。席数は50席。飲食禁止のおかげで、ひさしぶりに、ガサガサゴソゴソの雑音の聞こえないいい環境で映画を堪能できました~

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »