2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

イラスト壁紙集

  • Nijiirosakura
    趣味で描いています。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

昨日は

Hideyoshi
昨日は、お休みの日でしたので、友人の出展している、松坂屋の池坊展へバイクでトコトコ。 写真は、秀吉公がご覧になったであろうという大きな松を生けたもの? 後ろに松の上で遊ぶ猿の描いてある掛け軸。手前にある生けた松の上で猿が遊んでいるように見せる趣向。

で、知らなかったのですが、同じ松坂屋でシャガール展がやっていたので、こちらも鑑賞してきました。http://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/museum/2012_chagall/

シャガールの絵と版画とそれを模したタピスリーという布を織ったものの展示。シャガール自身が依頼して作らせたものらしい。はじめて観ました。こちらは、お客さんが少なく、ゆっくり絵画を観て回ることができました。

ついでに、松坂屋の画廊へも。アールヌーヴォのガラス展もやっていてガラス好きとしてはさっそく。。http://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/garou/

一昨日は耳の保養。昨日は、いろいろ目の保養。あとは舌かな(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

ギターde交流会

A190aa727b888830fac5c45f7fc19727


昨日は、合奏を楽しむ会 で、三重県は川越町まで出かけてきました。会場は、あいあいホールという場所。綺麗なホールです。

Img_0569
写真は、リハ前の椅子ならべの様子。

この会に参加するのは初めて。

主催のサルビアさんは、三重県の老舗ギター合奏団体。事前の準備、相当念入りにされていたご様子。コンサートはもちろん、その後の親睦会まで、スタッフさんの動きが半端なかったです。

今回は10組の合奏団体の交流会に加え、一般のお客さんにも聴いて頂くということで、準備はさらに大変だったことでしょう。。頭が下がります。

わたしたちの合奏は、アルベニスのセビリアと、グレン・ミラーのムーンライトセレナーデの二曲でエントリー。

セビリアは難曲でしたが、メンバー9名頑張って演奏してくれました。客席は結構な入りで。。難しい指使いが多い曲でしたので、緊張するのも無理ないこと。指揮していて、緊張感が伝わってきました(^_^.) 無事演奏終了しホッ。

指揮だけでの参加でしたが、終了後、お腹が空いてくるから不思議なものです(^_^.) ステージ前のお弁当は半分しか喉を通らなかったのに(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

親睦会でゲットしたおみやげ(^_^.) 

Img_0571

帰り、心地よい疲れの中、綺麗な空が。。

Img_0572_3

来月はまた同曲で演奏。頑張らないと。

ベトベンのフォークソング

一部生徒さん向けですが(^_^.)

ジュリアーニのアイルランド、スコットランド民謡集 の中の6つのアイルランド謡集の一番目はこんな感じです。

アルバイト

Image1

イラスト使わせてくださーい というお仕事の依頼があって。。で、こんなんできましたっ と写真を送ってくれました〜 

イラストお仕事

As

イラストの仕事メールがきて、結婚式のパンフの使用したいとのことで、写真のようになるそうです。

って・・結婚式なのに夜のイラストでいいんだべか(^_^.)

先週は東京で

19282440_1752212737_156large


去年は同コンクールで生徒さんが次席になったこともあって、どんな雰囲気のコンクールなのか興味があったのと、今年は別の生徒さんですが、今回、予選通って出場することになり、また東京の友人もエントリーしていてその応援もあって、デブ症ではありますが、東京まで出かけてきました(^_^.)

三鷹にあるホール・・・近くには太宰治のお墓や、ジブリ美術館とかあるのですが。。時間が取れず断念っ

で、ホールに出かけると、オフ会仲間もいらっしゃっていて、一緒に観戦っ 

ここのアマチュアギターコンクールは、客席座ってるだけのわたしでも、運営がしっかりしてるなーという印象。

司会者さんの明るい口調と運行。きびきびしていて、緊張のコンクールの中にあって、明るい雰囲気づくりは、アマチュアコンクール という主旨を大事にしているなーという印象。生徒さんによれば、控室の椅子ならべまで気を使っている様子だったとか。

本選も終わり、ゲスト演奏後、審査結果がでるまで、本選出場者を檀上へ上がらせて、出身地や使用ギターのこと等、司会者さんが手馴れているのか、飽きさせないお話がいくつか。客席から笑いが出るというのは雰囲気づくりが成功している証拠でしょうねー

最後の講評も、舞台上に上がっているそれぞれの本選出場者さんへ、良かった部分もキチンとコメントにいれつつ、今後へのアドバイスを含む よいエールになっていました。

予選からずっと聴いていましたが、アマチュアのためのコンクールという主旨がブレていない、よいコンクールでございました。

来年も出かけることになるかも。来年は、体型そっくりのトトロに逢っていかねば(-_-)/~~~ピシー!ピシー!(-_-)/~~~ピシー!ピシー(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »