2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イラスト壁紙集

  • Nijiirosakura
    趣味で描いています。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

演奏

Image


来週火曜日夜、東山スカイホールで20分ほどゲスト演奏します。

よかったらどぞどぞ。

60周年記念

30716412_1122096917933167_663435740

ギター製作家  加納木魂  製作60周年  2日間終了。
3番目に加納さんのギターで演奏。

あらま、、

絵本原作コンテストに落ちたのです( ;∀;)
お暇な方どぞ。。
/////////////////////////////////////////////

哀しき小象    

ここは街はずれの小さな村。
この村人には、毎年、楽しみにしていることがありました。
春になると、この村にサーカスがやってくるのです。
いつもは静かなこの村に、たくさんの人がサーカスを見に来るので、
とてもとても賑やかな一週間になるのです。

サーカスの名前は「パオパオサーカス」。20人の団員と小象。
団長さんが、小象が夜になると、パオーンパオーンと泣くので。パオパオと名付けたそうです。
このサーカスは、大きな街から小さな村まで、一年に何十カ所も移動して回ります。
大きなテントを作っては、またかたずけて、列車のような車に乗せて、次の場所へ移動するのは、とても大変な仕事ですが、
待ってるお客さんの笑顔を思うと、サーカスの団員は、毎日頑張ることができるのです。

さて、今日は暖かい春の日ざし。桜も満開。
この小さな村に、待ちわびたサーカスがやってきました。
色とりどりの旗に飾られたテント、呼び込みの声、ラッパやクラリネット、太鼓の音楽もにぎやか。
会場のテントの中は、楽しみにしていたこどもや大人たちで満員。中は暑いくらいです。
一瞬ライトが消えて暗くなったと思ったら、小太鼓の音が鳴り響いて、いよいよサーカスの始まりです。
最初にピエロの登場です。歌ったり、笛を弾いたり、おどけた動きでお客さんを笑わせます。
玉乗り小象、火を噴く人、手品、一輪車、空中ブランコなど、出し物が次々に続きます。
お客さんは、楽しくて楽しくて、拍手する手が痛いくらいです。

このサーカスで一番の人気は、芸達者な小象でした。どこに行っても、初めて本物の象を見る人が多かったのです。
小象が玉にのり、後ろ二本足で立ちあがり、前に進みながら、時々雄たけびを上げる芸にお客さんは拍手喝采でした。
人間だってきっと難しいはずの玉乗りを、この小象ができるなんて、何度見てもお客さんにはおどろきでした。

最後の、はらはらどきどきする空中ブランコが無事に終わり、今日の楽しいサーカスは終わりました。
次の日も次の日も、たくさんのお客さんが来て、ようやく一週間が過ぎました。

次の町へサーカスが移動する日の早朝、ピエロ役の若者は、海の見える丘へ散歩しに行きました。
そして、丘の上に置いてあるベンチに座って、考え事を始めました。
いくら考えてもわからないので、思い切って、近くを飛んでいたカモメに話しかけてみました。

カモメは飛びながら「どうしたのですか?」と尋ねました。
若者は、話しました。
「うちのサーカスには、大人気の小さな象がいるのです。芸をすると、お客さんは喜んでくれるので、
象は、それが嬉しいと言うのですが、時々涙を流しながら芸をしているのです。
そこで夜になって、小象に どうして泣いているのですか? と聞いてみたら、
小象は、こんな話をしてくれました。

小象は、もっと小さかったころに、突然、仲間たちから引き離され、捕まり、
海を渡って、遠くへ遠くへと連れられてきたそうです。

連れられてくる前は、地面は砂埃ばかりの土地、太陽がとても暑くて、水と食べ物をを探して歩くのが大変で、
毎日とてもつらかったそうです。でも、いつも、お母さん、お父さん、友達もいて、どこへでも歩いて行けたと。

いまは・・サーカスにいて芸をすれば、毎日、食べ物も水も運んできてくれる。
身体を洗ってくれるし、安心して眠れる。
毎日お客さんに喜んでもらえる。でも・・独りなの・・自由かというと・・夜は檻の中。」と小さな声でつぶやいたのです。

いったいこの小象はどちらが幸せなのでしょうか?
わたしには何度考えてもわからないのです。自由に空を飛べるあなたは、どう思いますか?」

カモメはしばらく考えていたのですが
「わたしには、わかりません・・」 と答えて飛んでいってしまいました。

しばらくして、カモメは、近くを泳いでいたクジラに聞いてみたのですが
「う~ん、わからない・・」 と言われてしまいました。

若者は、長い間、海を見ながら考えて   これは小象が決めることだ  と思いました。

小象が、どうしても元の土地に帰りたい と言ったら、いつか、逃げるのを手助けしてあげよう。
でも、もし、ここにいよう と小象が決心したのなら、ずっと友達でいてあげる、と思いました。

すぐに、丘をおりて、小象の檻に行きました。
そして、考えたことを話しました。
小象は、小さな声で、「ありがとう ありがとう」 と言って恥ずかしそうにコクリとうなずきました。
「答えはゆっくりでいいから」 とピエロ役の若者は言いました。

次に移動した町でも小象の芸は大人気でした。
象はお客さんを喜ばす事が出来てとても嬉しかったのですが、
なぜか、また涙が出てきてしまうのでした。

おわり。

4月11日 チューリップフェア

この季節、恒例、 チューリップフェア

に今年も参加演奏します。4月11日水曜日

午後1時30分より。お庭が綺麗ですよ。

Cci20180318_0000


Cci20180318_0001

イベント参加

1kanohkodama1

少し先ですが、演奏します。がんばろっと。

2018年4月14日(土)&15日(日)
加納木魂 製作60周年記念スペシャルイベント
主催 ミューズ音楽館
開演 13:00~18:00
名工・加納木魂氏の製作60周年を記念して、先代の加納木鳴氏の遺作を含めて最新作も一堂に展示して、彼の軌跡を紹介するスペシャルイベントです。 木鳴氏の彫刻ギター3モデル(ドクロ、へのへのもへじ、すみれ)をはじめ、写真パネルも展示します。 木魂氏によるギター無料診断、加納ギターユーザーである地元ギタリスト3名の演奏もあります。
  出演:加納木魂、高岡誠、佐々木響士朗、大矢修三、山下高博
  詳細は後日掲載します



発表会

22728707_1016614161814777_334013003



26回ギター 発表会、あいにくの雨でしたが、無事終了〜。今回は休みの人も多く、参加人数ちと少なかったけど、ひとりひとりの成長ぶりを見る事が出来で嬉しゅうございました。生徒さん間の交流も出来て良かったヨカッタ。

皆でギターを弾こう

22228493_1009860579156802_761283755


昨日は中部日本ギター協会主催の「皆でギターを弾こう」に、合奏の指揮と、生徒さんのソロ、デュオの応援で出かけてきました。朝、9時前に会場に出かけたら、空手着の団体さんばかり。どうも大会があっようで。。ソロの生徒さん、緊張の中、それぞれ頑張ったと思います。合奏も本番では緊張してるメンバー多かったですが、終わってみれば皆さん楽しく過ごしたようでホッと( ̄▽ ̄;)   小さい事かもしれませんが、講評もそれぞれフォロー入っていてそれが良かった。。賞状も何枚か頂きました。

クリスマスコンサート

21751742_997423593733834_3907181645






今年もクリスマスイブイブにクリスマスコンサートやります。早いものでもう4回目なんですね。朗読作品「1818年のクリスマス」は きよしこのよる の曲がギターで作られたときのお話です。

12月23日(土・祝)
X’masコンサート
~2つのギターと朗読があなたに贈る、音の宝石箱 part 4~

主催 ミューズ音楽館

開演 14:00  (開場13:30)

ギター : 高岡誠/佐々木響士朗  朗読 : 高岡恵子

一般 ¥3,000
会員 ¥2,500

<プログラム>
ギターソロ(佐々木)
・・フリア・フロリダ(バリオス)
・・タンゴ・アン・スカイ(ディアンス)
・・ グノーのアヴェマリア(ターレガ編) ほか

ギターソロ(高岡)
・・ホワイト・クリスマス(バーリン)
・・ ベルリンの夜会の想い出(ソル) ほか

ギターデュオ
・・オリエンタル(グラナドス)
・・椰子の木陰(アルベニス) ほか

朗読と2台のギター
○3つのクリスマスのカタロニア民謡(モランテ編)
・・鳥の歌 / 糸を紡ぐ女 / 聖母の御子

○朗読作品「1818年のクリスマス」(エリザベス・シェリル)
・~演奏曲:きよしこのよる

オリジナル

暑中お見舞い申し上げます

歌詞&作曲:自分

編曲:Syouji nakagawa

より以前の記事一覧